沿革


川里中学校の歴史

 

昭和35年 4月 1日 川里村立広田中学校並びに共和中学校を廃し、川里村立川里中学校とする。
昭和38年 3月15日 3月5日を開校記念日と定める。
昭和38年 4月15日 完全給食開始される。
昭和43年12月20日 校歌を制定する。
昭和45年 8月10日 プール竣工式を挙行する。
昭和57年10月25日 校門、フェンス改築。
昭和57年 2月14日 サブ、バックネット新設
昭和61年 3月10日 新校舎竣工(鉄筋コンクリート3階建て)。
昭和61年 4月26日 新校舎落成式挙行。
昭和61年 8月 4日 プール竣工。
昭和61年12月21日 スプリンクラー設置(9基)。
昭和62年12月25日 校庭体育施設(砂場、鉄棒、野球得点板、防球ネット延長)設置。
昭和63年 2月29日 体育館竣工。
平成 5年 1月 8日 部室等東側に石灰庫設置。
平成 9年 9月16日 パーソナルコンピュータ41台導入。
平成10年 1月19日 科学部が第41回日本学生科学賞全国審査において入選1等を得る。研究主題「川里村の小気候Part-III」
平成11年 8月 学校実習農園造成工事完了。
平成11年10月13日 埼玉県学校環境緑化コンクールで優良賞を受賞。
平成13年 3月 テニスコートフェンス増設。
平成13年 5月 1日 町制施行により川里村立川里中学校から川里町立川里中学校と改称する。
平成16年 2月18日 開校記念日を新校舎落成式挙行日(昭和61年4月26日)にあわせ、4月26日に変更する。
平成16年12月15日 埼玉県教委より「教育に関する3つの達成目標」研究モデル校に委嘱され、事前研修会にて発表する。
平成17年10月 1日 市町合併により川里町立川里中学校から鴻巣市立川里中学校と改称する。
平成21年 1月28日 市教委より、平成20,21年度「学習指導」研究の委嘱を受け、中間研究発表を行う。
平成21年 8月31日 屋上防水工事完了。
平成21年11月13日 「学習指導」研究発表。
平成22年11月 6日 開校50周年記念式典。
平成24年 3月15日 正門銘板改修。
平成25年11月22日 県教委委嘱「小中一貫教育」研究発表。
平成26年 4月 1日 文部科学省委託「英語教育強化地域拠点事業」。
平成26年 6月20日 鴻巣市教育委員会委嘱「英語教育研究」。(~平成29年)
平成27年 4月 1日 特別支援学級「ゆりのき学級」開設。
平成28年 3月 1日 屋内運動場(体育館)釣天井撤去工事終了。
平成28年 4月 5日 職員用トイレ洋式便座設置工事終了。
平成28年11月 4日 屋内運動場(体育館)大規模改修工事終了、落成。
平成29年 4月 1日 特別支援学級「ゆりのき学級」2組に増設。
   

更新日:2017年06月05日 16:09:51